シュナフェチですがなにかぁ??

犬が大好き!特にシュナウザーが大好き♪日々起きる出来事や、手作りワンコご飯やパン作りと毎日楽しく過ごしています。そんな我が家をちょっとだけ?!ご紹介。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

尊敬に値する親子

プロジェリアと言う難病を見聞きした事はあるだろうか?

テレビの特集番組で見た人も多いだろう。
遺伝子の異常で普通の人の10倍もの早さで老いていく。800万人に1人という難病で、平均寿命はわずか13歳。
アシュリーのテレビ番組を見たことのある人は沢山いるだろう。
息子のお嫁さんが妊娠中に私がその番組を見ていたら息子がそんな番組を見せないでと言ったのを私は忘れない。(たまたま遊びに来ていた時の事です)

馬鹿者!
もっと真摯に受け止めてそういう病気と闘っている子がいることを覚えていろ。
妊娠中で確かにナーバスにもなっているだろ。しかしそれは違うでしょ!?

そうではなく自分らが健康に生まれてきたことに感謝して暖かくアシュリーを見守ってやることが正解じゃなかったのかな?
胎教を考えてでた言葉だろうけど母は悲しく思いました。
胎教を思うなら今既に生まれてきた息子の身体を考えて二人は禁煙すべきです!!

アシュリーもアシュリーの両親も家族もみんな素晴らしい!
何がそうさせたのか?
ともすれば悲観的になり、絶望に陥りわが身に起きたその事を怨みに思い歪んだ生活を送る人も多いでしょう。
しかしアシュリーは生前
「プロジェリアという病気をどう思っているかは、昔と変わってないわ。わたしがプロジェリアだということには、ちゃんとした理由があるの。神様が与えてくれたものだから、すてきなことなのよ。だから、わたしは大丈夫」と語っています。

これはきっとお母さんがアシュリーを育てるにあたっていっぱいいっぱいお話して聞かせたのでしょうね。
素晴らしい親子ですね。葛藤もあったでしょうが・・・
宗教心から来るものなのでしょうか?

先日の大阪の事件。
比べるのも変な話かもしれませんが、しかし同じ母親でもこの違い。
あの母親は母であったら守れたのでしょう。私なら命を呈して守ります!!
母ではく女!
ただの女だったのですね・・・・雌です。

母は強といいます。愛してやまない娘であったなら命をはってでもあの男から守ったはずです。

しかしそれをしなかった。
母ではなく雌だったのですね。
DV男だったらしいいですが、今の時点ではそれを恐れていたとは伝わっていません。

不治の病と戦い、原因も知れぬ病と闘い、今も一生懸命生きている人に対してまったくもって失礼な輩たちではないでしょうか?!

アシュリーの死を通して今ひとつ考えさせられたアンジェリーナなのです。

アシュリーあなたは強かった。私ならきっと心折れていたでしょう。
あなたは凄い!最高よ!!
今は天国でジョンと一緒に笑っているかしら??

あなたは世界中の人々に勇気と希望を与えたことでしょう。
神様ものもとで安らかにお眠り下さい。

アシュリーの残されたご家族に神様の癒しと平安と祝福あれ!!






スポンサーサイト

- 4 Comments

アンジェリーナ  

No title

みっち~なさん☆
こんにちは。
強い子でしたね!
きっと一人泣いた事もあったはずです。でも、彼女は現実を受け入れ素敵に生きた。だいの大人だって真似なんてそう簡単にできっこない。
私はずーっと特集のたびにテレビを見ていました。
みっちーなさんと同じ!私も我が子が原因不明の病気だったら?アシュリーのママだったら?考えさせられました。現実に立ち向かう勇気を神様が与えてくれたんですね。今はきっとジョンと一緒に黄泉の国で眠っているはず。素敵な夢を見て、今度はジョンと結婚できると良いね♪
アシュリー安らかに!
大阪の事件は論外ですね。助けてあげられなかった周りの人間も反省しなくてはですね!

まころん☆
そうだよ~
ジョンと一緒に仲良してたよね!お互い励ましあって。
ずっと私もテレビで見ていたから最近アシュリーが出ないこと気になってたの。
そしたら先日朝のテレビでなくなったことを知ってビックリした。
彼女の生き方ことの捉え方は半端な気持ちじゃできないね。
やはり日本人とは違った宗教観をもっているのだと思います。
神様が与えてくれた事だから素敵なのよ!こんな言葉言えますか??
アシュリーのママも素敵!最高よね♪
日本の駄目ママに爪の垢貰って欲しいくらいですよね。
安らかにアシュリー♡

ちえさん☆
医学はなかなか追いつきませんね。
本当にひとつ進めばまた新たな病気が出てくるし・・・・

アシュリーとご家族の素晴らしさには脱帽です。
口で言うほどたやすくないですものね~
大阪の事件は本当に情けない。
動物以下!!
動物は虐待もしないしむやみな殺戮もしないね。
殺し合いをするのは人間だけ。遠い昔から戦争ばかりやってるものね。
人間も動物だから畜生がぴったりかも?!


2009/04/26 (Sun) 16:22 | EDIT | REPLY |   

ちえ  

No title

まだまだ医学は人類の生に追いつきませんね。わんこもだけど。
アシュリーとお母様の強さに言葉も出ません。
神は受け入れることができるものに試練をお与えになるのでしょうね。
しかし大阪の事件は与えたのは神ではなく両親だった。
たまりませんね。
きっと殺された娘さんはライバルでもあったのでしょう。
動物は、わが子を虐待しません。畜生てことば人間のためにあるのかも知れませんね。

2009/04/26 (Sun) 14:02 | EDIT | REPLY |   

まころん  

え?!

アシュリーちゃん、亡くなったの?!
以前TVで、同じ病と闘う男の子とお互い励ましあいながら固い友情で結ばれてたんだよね。
アシュリーちゃん親子は本当に前向きだった。病気を憎むべきだと思うけど、逆に神様が与えてくれたものとして病気と上手く付き合い平均寿命より長く生きたんだよね。
でもこれってアシュリーちゃん一人では出来ない事。
やはり母親が病気を全て受け止め、アシュリーちゃんの全てを愛してくれたからアシュリーちゃんもがんばれたと思う。
アシュリーちゃんのご冥福を心よりお祈りいたします。

2009/04/26 (Sun) 11:12 | EDIT | REPLY |   

みっち~なです。  

おはようございます。

アシェリー亡くなったの?
知らなかった…
何回かTVで見て思った事はもし自分の子どもが同じ病気だったらアシェリーの両親のようにアシェリーを育てていけるだろうか?
育てていく事を放りなげたかも知れない。
あんなに強い愛情と強い信念を持てただろうか…
そう思いました。

大阪の事件はやりきれない怒りが込み上げてきます…
悲しいという言葉では片付けられませんよね…

虐待の兆候見えてたのに大人は助けられられなかったんだもんね…

アシェリー安らかにお休みください。
素晴らしい人生だったね。
あなたは私たちに何かを教えてくれたような気がします。
どうぞ天国でおもいっきり遊んでくださいね。

2009/04/26 (Sun) 08:05 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。