マリアです❣️

Category犬(シュナウザー)
 2
世の中にはこれほど悲しいことがあるんだろうか?と言うようなことが意外とすぐ近くにあったりする。でもそんなことに気づきもせず、自分だけがどん底で最悪で不幸だなんて思って生きている。

私はこの2年あまり、どうして私はこんなにも不幸が続くのだろうか?と神を呪いたくなるような衝動に駆られて暮らしてきた。

誠に愚かな話ではあるが、2年と言わずこの数年私の生活も色々と変化があり苦しいなあ、世の中嫌だなあ、もうどうでもいいや!!などと投げやりな気分になる事も多かった。逆に言えばそんな思いが神の怒りに触れたのか?最愛のバフィ、そしてそのバフィが居なくなって程なくディアナが旅立つという羽目に陥ってしまった。

今日は、ディアナが旅立ってちょうど5カ月、12日は12歳の誕生日をこの地上の我が家で迎えるはずだったのに・・・・・憎い病に倒れ召されてしまったのだ。

残されたのは今月20日で13歳7カ月になるスパイクだけ。ペットロスが激しく、食事も喉を通らず、毎日深い眠りとため息で時間が過ぎた。病院へ行って色々検査もしたが、持ってる持病はあるけれど特にどこが悪いという事もなかった。
スパイクまでもいってしまうのだろうかと真剣に考えてしまった。
あちこち連れ出し、寂しくないように気を使いやっと少しずつペットロスから解放されたのは少し前の事。

スパイクを大切に、運命の日まで一人っ子で過ごそうかと心に半分決めるも、一人っ子で暮らしたことのないスパイクには相棒がいた方がイイのではないか・・・・・・

でも私の年齢を考えると、どうなんだろう?
保護犬を迎えた友達もいる。でも我が家で保護犬は私の年齢でまず譲れませんとなるだろう(60歳)
そしてもし、譲れたとしても心にいっぱいの傷を持った仔、我が家には小さな孫がいるわけで、もしそこでトラブルがあったらどっちも不幸になる。そして、長いこと病気の世話をしてきたので基本健康の仔で私が一息つきたいという気持ちが大きい。
じゃあ仔犬?!条件を並べたらそれしかない。そうなると嫌な話だけどお金の問題。欲しいと思うワンコは勿論シュナウザー。
飼う事になれば私の人生最後のワンコになるのだから、やっぱり〆もシュナウザーじゃなくちゃ!!
十数年前からみればワンコ達の値段も随分と吊り上がったものだとペットショップなどを覗いてはため息もんだった。

そんな矢先に友達からの援護射撃があって?!(笑)知り合いのブリーダーさんに北海道のブリーダーさんを探してもらう事になった。黒い仔が欲しかったのだけど、今黒い仔はいないと言われ取りあえずブリーダーさんの紹介情報を待つことになった。数週間後だったと思う。札幌のブリーダーさんを紹介して頂いた。友達がすぐ電話しなーと援護射撃が次々来るので電話嫌いの私も、即効かけました。
色は?急ぐ?今仔犬いないけどets・・・・・・
そしてブリーダーさんが最後にぽつりと放った言葉。

『実はいまブラックの2か月の女の仔がいるんだけどその仔を出そうかどうか迷ってるの。2・3日待ってくれる?』との話でした。2・3日待つべく電話を置き、友達にメッセージを送りました。

すると『欲しいって言いな!!気持ちを伝えないと!!!』これまた後方からの援護射撃がビュンビュン(笑)
そんな訳で次の日ブリーダーさんにメールをしました。ブリーダーさんの所で生まれる仔を待っていたらスパイクが14歳なっちゃうこと、なので出来れば1日でも早い方がいい事・・・・メールにて伝えました。
そして初めての電話が4日で、それから6日に電話をもらい、もし見てもらって良ければ!!って事になって7日の土曜日見学へ!、もう電話頂いた時点で迎える気満々の私でした。

話が長くなりましたが、こうして無事に新しい家族を迎える事となりました。
1月18日生まれ。マリア(Maria)です。

IMG_1065marimari.jpg

日に日に逞しく育っています。
30センチほどの高さのベッド(スパイクのために低くしてあります。ソファ前にも座布団を置いて高さを調整してあります。スパイクの腰のために)そこへすでに飛び乗ってしまうので,スパイクは逃げ場がありません(笑)
しかし、スパイクがマリアを連れ帰る車の中での初対面にも吠えることはありませんでした。それよりマリアのお耳を舐めてあげました。寂しかったのかな?ディアナのように思ったのかな?お家に来ても一切マリアに対して攻撃的になったことはありません。

最近はマリアがスパイクの後ろ足に噛みつくのでちょっと止めろって言ってますけど、究極の怒りはありません。優しすぎるスパイクです。(笑)マリアは2日目の夜から私とスパイクの間に寝るようになりました。

pagemmaei.jpg
IMG_1193suma.jpg


お買い物も一緒に行きます。うちの仔になって10日、すっかり家族です!!

IMG_1182suma.jpg

戸惑いながらもスパイクに元気が、そして私には笑いが戻りました。60歳還暦おばさんの最期のシュナ育て楽しみながら、孫のように育てようと思います。
マリア、一緒に楽しく暮らそうね!!うちの仔になってくれてありがとう!!

手放してくれたブリーダーさん感謝です!!
スポンサーサイト

2 Comments

アンジェリーナ  

悩んだ挙句

沙良さん御無沙汰しています。

いろーんな事が次から次へと押し寄せてすっかり心も疲れ切った時、気が付けばスパイクも13歳。
そして今年の9月には14歳に!このまま一人っ子で最後までと思ったのですが、一人っ子になった事のないスパイクはどこかしらさびしげでね。老犬にバリバリ元気なパピーはどうか?と思ったけれど私自身の年齢とか考えたらこれがラストチャンスじゃないかと思いました。お友達に背中押してもらってやっとこさ決心がついて迎えることになりました。元気いっぱいで内弁慶でちっちゃくて真っ黒なマリア。スパイクに猛アタックして足に噛みついて💦それでもスパイクは叱らない怒らない。やれやれと思っているだろうけど、マリアがいることで寂しさから解放されたようにも思います。スパイクには1日でも長く一緒に居てほしいと思います。スパイク共々改めて宜しくです(#^^#)

2018/04/19 (Thu) 15:02 | REPLY |   

沙良  

可愛い可愛いちびっこが来たね^^!
私も寿利を亡くして、散々悩んで迷って、
でも利乃に出会っちゃったから迎えて・・・
悩みながら迎えたけど、介護と看取りでボロボロにすり減った心を
暖かくしてもらいました。
スパイクくんの優しいお顔が、小さな妹ちゃんを見守ってて
こちらまで嬉しくなります^^

マリアちゃん、よろしくね♪
元気に楽しく暮らしてね!


2018/04/18 (Wed) 20:47 | EDIT | REPLY |   

Post a comment