シュナフェチですがなにかぁ??

犬が大好き!特にシュナウザーが大好き♪日々起きる出来事や、手作りワンコご飯やパン作りと毎日楽しく過ごしています。そんな我が家をちょっとだけ?!ご紹介。

新年度・・・・4月ですねー

今日はとてもいいお天気だ~朝は霜が降りたように地面が白くなっていて冷え込んだけど、それでも真冬の比ではない。

やっと春がやって来ましたね~

本州では桜が満開です。facebookなどでお友達の投稿で見る桜は素晴らしい!!

少し遅れて北海道も桜の季節がすぐそのまで来ているのでしょうね。
そんな中テレビでは腹腔鏡手術で群馬大学に続き千葉大でも何人もの方が亡くなられたと言う。

病気を治すために医者を信じて託す我が身。恐ろしいですねぇ、技術不足であったような・・・・
もう取り返すことのできない命なのに、まるで実験台にでもされたのではないかと思ってしまいます。

ドクターのプライドを伺いながら気を使って話す、そして信じてわが身を預ける。命は気軽に預けてはいけないのだと今回のこの2大学の事件でそう思いました。14年前私も子宮筋腫の手術で子宮を全嫡しました。腹腔鏡の手術もあるとのことでしたが、私の筋腫はとんでもなく大きかったので(800グラムほど)開腹手術となりました。今でさえこうなのに14年前だったらどうだったのだろう??そりゃぁ肝臓の手術よりは複雑ではないけれどそれでもねぇ、あの小さなピンセットの様なものでお腹の中かき回されるなんて考えたら青くなります。( 一一)

現在の高度医療は成功すれば最高のものですが、そうでないと命がない。また、改めて安易に自分の身体を切り貼りしてもらったら困る!!と思いました。

今日はネットで長いお付き合いのあるお友達のワンコが天へとのぼって行きました。

口にできた癌が進行し、ついには食べられなくなり食べられなくなってほぼ1週間の今朝神様の元へと戻って行きました。

色々な飼い主の治療に対する選択肢はあります。

昨年の12月に癌と言われ、顎を切除する手術をしないと余命云々と言われたのですが手術をしてもしなくても結果が同じであるのならば本犬のQOLを大切にし、負担はかけず、手術はせずに垂れ下がる腫瘍部分だけを糸で縛って切除してもらい今日まで頑張って来ました。14歳、寿命を全うしたと言えばそうでしょうが、飼い主にとってはなん時でも辛いものです。

お空でのお友達が沢山増えてきました。向こうは賑やかなのでしょうか??
我が家も高齢ワンコがおりますので他人事ではありません。

穏やかに時が流れて行く事を願わずにはいられません。

健太・・・・お空では沢山の仲間と元気にしていてね。ごんや元気、か~ちゃんの事ちゃんと見守っていてよね!!
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment