シュナフェチですがなにかぁ??

犬が大好き!特にシュナウザーが大好き♪日々起きる出来事や、手作りワンコご飯やパン作りと毎日楽しく過ごしています。そんな我が家をちょっとだけ?!ご紹介。

人には出来ない無償の癒し

今日は1日雨。お家の中くらーいです。

今日はチョビッと朝からTVを見て感動して涙してしまったママちゃんです。

それはね、ワンコのお話。

ファシリティドッグって知っていますか?

ファシリティとは施設などの事を指すことで、そこに常駐勤務しているワンコの事です。セラピードッグとは違い病院などの施設にいるわんちゃんの事です。

まだ日本には2頭しかいないんです。
重い病気で辛い思いをしている子供たちに寄り添って癒しを与える。ハンドラーさんは訓練を受けた看護師さん。

お薬が飲めなくて泣き叫ぶ子どもと一緒に、お薬を飲んで見せるヨギ(ワンコの名前です)看護師さんがどんだけ言って嫌だって飲みたがらなかったのに、ワンコと一緒なら飲めたね。

手術室の手前のお部屋まで一緒に歩き、麻酔が効いてくるまで寄り添ってくれる。不安いっぱいなのに、一緒にいるだけで心がお落ち着くのでしょうね。

リハビリ頑張る子!ワンコと一緒になら頑張れる!歩けたね!

ベッドで一緒にぎゅ~ってしながら触れ合う子。
ワンコの体温でホッとするよね。思わず辛い闘病を忘れて笑顔がこぼれる瞬間だよね。

初めは病棟ではなかなか理解が得られなくて入れなくて、ワンコと触れ合いたい希望者だけ病棟の外で触れ合っていたんですって。でも、だんだんと理解が得られ今では病棟へハンドラーの看護師さんと一緒に出勤。

もちろんワンコのストレスを考えながらちゃんと休憩時間を何度も入れてあります。
病室へ入る時も出る時も身体を消毒、ワンコに触れる時には子供たちにも消毒してもらってワンコはいつも綺麗にお世話されています。

子供が病気だとお母さん達も心も体も疲れています。そんなお母さん達の癒しにもなっているようです。

ワンコができる、無償の癒し。これはどんな優秀な人間でも絶対出来ない癒しといっても言い過ぎでないと思います。

先日は盲導犬を何かで刺した事件がありました。悲しい事ですね。そしてまた動物達の持つ素晴らしさをsらない可哀そうな人でもあります。育ちに問題があったのでしょうか?
世の中は全ての人が犬が好きとは限りません。

でも、犬は知恵もあり言葉も持つ人間でも敵わない素晴らしい天性の物をもっています。犬飼いならば少なからず理解できるでしょう?!

自分が病気の時飼い犬が傍でずーっと寄り添っていてくれるなんて事ざらにありますよね。

そんな犬の持つ素晴らしい性質で私たち人間は助けられていますね。盲導犬・聴導犬・警察犬・レスキュー犬使役犬と呼ばれる彼らは日々人の為に無償で頑張っているんです。だからもっと優しい広い気持ちで見守って欲しい。

そして今日のファシリティドッグももっと全国の病院で増えて欲しい。理解が進んで欲しい。苦しむ子供たちにひと時の癒しを与えてあげて欲しい。
いまだに盲導犬に対する理解も怪しいのだからこの国の人々の心の貧相さ加減が良くわかる。

命を器物と表現して裁いているようではまだまだ難しいですが、でもみんなで意識を変えて行かなくちゃね!

物ではない!!同じ命です。血が流れていますから!!

そして一生懸命働いてくれるワンコ達に感謝して、みんなでそんなワンコ達を見守りましょう!!

今朝感動して涙したわんちゃんは↓ベイリーとヨギを応援してね(*^^)v

ファシリティドッグ



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment