シュナフェチですがなにかぁ??

犬が大好き!特にシュナウザーが大好き♪日々起きる出来事や、手作りワンコご飯やパン作りと毎日楽しく過ごしています。そんな我が家をちょっとだけ?!ご紹介。

相次いだ悲しいお知らせ

昨日今日とフェイスブックのお友達と昔からのワンコ友達の、可愛い可愛い愛犬たちが相次いでお空へと旅立って行きました。

いつかは訪れる別れ、頭でわかっていても悲しい。

前日まで普通に暮らしていた黒ラブのテンちゃん、バフィと同じ12歳。テンちゃんの方が2ヶ月ほど年下です。

体は大きいけれどとっても優しくてひょうきんで可愛い仔でした。もう何年も前の話になりますが、まだスパイクもディアナもいないアスカとバフィだけの時、一度テンちゃんとお散歩を一緒にした事があります。

ぎゃんぎゃんと吠えまくるバフィにすっかりテンちゃん、きょどっていたのを思い出します。(^_^;)

IMGP1608ten_R.jpg

その時の写真を探してみました。確かにテンちゃんきょどってますね(笑)2003年8月7日の写真です。

このころバフィもテンちゃんも1才ですね。この時からそんなに月日がたったなんて考えてもいなかったけど、確かにここでバフィを抱っこしているテンママは2児のママだし、私は3人の孫がいる。このころ私はまだ子育て中だったのになー
私も婆さんになりました。

そう考えると、バフィと一緒にいられるのもあとどれくらいなのかなー
そう長くはないのかなーと考えてしまいます。見た目はまだまだお婆ちゃんには見えないけど、やはり行動は年を取ったんだなぁと思わせることも多々。
一緒に過ごせる時間大切にしないとなぁって思います。

テンちゃん、一足先にそっちの世界に行ったけど、ニコ兄ちゃんの言う事聞いて仲良く暮らしていてね。そうそう、アスカも探して一緒に仲間に入れてやってよね!!

こんな思い出を色々思いだしながら今朝、フェイスブックを覗くと、かねてから闘病中だったミニシュナのベリーちゃんがお星様になりました。

なぜかバフィと似たようなところがとても可愛くて、お友達になって~と友達申請したのが2012年の3月9日でした。
それから病気のことなどで漢方の先生を紹介していただいたりして、ある意味闘病仲間で頑張ってきた感があります。なんとなく同士を失ったようで朝からボーっとしています。

シュナウザーって私が思うに、きりっとしたお顔の子も多いですが、バフィやべリーちゃんはキリットした中にも可愛らしさを愛らしさ美しさを持っている仔だと思っています。(ここは親バカですからスル―して下さい。みんな自分の子が一番ですから)アスカを初めて飼い出したころよりはっきり言ってシュナウザーの質が落ちていますからね。そんな訳でベリーちゃんはいつも可愛いなーと思ってみていました。
まだ8歳・・・・早いです。

10155508_609316162489028_7158121554315431510_n_R.jpg

ベリーちゃんのママ勝手にお写真拝借しちゃいました。嫌なら言ってください削除しますから。
でもこの写真私大好きです!!元気で可愛かったころのベリーちゃんそのものですから!!!

今年になってからフェイスブックのお友達のワンちゃんが相次いで亡くなっています。

どうしたって別れはやって来る。それは理解します。


そして私たち人間より寿命が短い事も理解します。

だったらせめて神様、苦しい思いをさせて亡くなるのだけはやめてください。

そっと、命のともしびを消して下さい。

何も悪いこともせず、飼われた状況で千差万別幸せな仔もいるでしょう、また不幸な境遇の仔もいるでしょう。
それでも文句も言えず、言わず、精一杯生きているんですから・・・・

昨日今日と朝からショックでボーっとしてばかり、時折思うと涙が出て、そんな中ワンコ達は朝からずーっと寝てばかり。

札幌は時折風速10メートルなんて風が吹いたり、、通り雨があったりと蒸し暑い1日でした。

私なんかより亡くした飼い主さん達の方が辛いのにね・・・・・

ワンコ達今美味しいご飯作ってあげるからね!!!

テンちゃん、ベリーちゃん、安らかに!!

お空の上で美味しいものたっくさん食べて、元気に走り回って待っていてね、みんなのママやパパもそして私もいつの日かそっちへ行くから、そしたらまたそっちでみなんでワイワイガヤガヤ楽しく過ごそうね!!!

みんなそれまでバイバイ!!

スポンサーサイト

2 Comments

アンジェリーナ  

沙良さん☆

こんにちは。。

そうですね、よその仔ではあるけれどこうしてブログやフェイスブックなどで交流があれば、気持ちはもうよその仔ではなくなります。お会いした事がなくても画面上だけのお付き合いとはいえ情がわきます。頭で人は理解できますが、やはり別れは辛いです。特にワンコやネコちゃんとの別れは肉親とはまた違った表現できないほどの感情が湧いてきます。だんだんとお空の上だけ賑やかになって行きますね....悲しいです。またいつか私たちもあちらへ行ったら皆な一緒に暮らしたいですね。

2014/06/29 (Sun) 16:15 | EDIT | REPLY |   

沙良  

余所の子だとしても、やっぱり訃報は悲しいですよね。。。
8歳なんて、まだまだ若いのに。
12歳。。。それでも寿利は、まだハイパー熟女と呼ばれてました。
自分より先に、いってしまうこと。
解っていても、どんなに覚悟したつもりでも、
悲しさや寂しさは、愛情に比例して大きいでしょう。
お空の上で、楽しく遊んでいてくれることを祈ります。。。

2014/06/29 (Sun) 10:26 | EDIT | REPLY |   

Add your comment