シュナフェチですがなにかぁ??

犬が大好き!特にシュナウザーが大好き♪日々起きる出来事や、手作りワンコご飯やパン作りと毎日楽しく過ごしています。そんな我が家をちょっとだけ?!ご紹介。

あれから私の1年・・・

今日は風が強く午後からは雪交じり。
寒い1日になりました。昨年の今頃は連日震災のニュースに心を痛めておりました。
そして私にはもう一つ心を痛める現実が降りかかっていました。

誕生日の時に恒例の血液検査で肝酵素の数値が高めに出ていたバフィ。当初クッシングを疑って検査をしましたがクッシングと決定づける結果は出ず少しホッとしたのもつかの間、胆汁を流すために使った薬のせいなのか?嘔吐とともに症状が出始め、一気に数値が振り切れるほどになり黄疸がで、おしっこは山吹色となり数日後には紫斑も出て急激に症状が悪化したのです。私も獣医さんもあれよあれよと言う間に悪化をし、私の脳裏によぎったのはバフィとの別れでした。
別れを思い描きながら手術はしない。内科的治療を積極的に行うと言う事になりました。バフィの性格を思えば全く知らない大学病院で術後の経過も思わしくない事が多いと言われる手術をさせて、もしも一人で逝ってしまったらと考えたらとてもそれはできませんでした。
それより家族と一緒にいる事を望むであろうと考えたのです。自分がバフィだったらそうして欲しいから。



点滴の為に手にはハリが刺さったまんまです。




数日後にはお腹が紫斑で真っ青になってしまいました。思い出しても悲しくなります。

先生はあちこちに相談をしながら、効果が無いと言う先生もいるけれどと言う前置きをしてその薬を使う事にしました。効かないと言う人もいれば逆の事を言う先生もいます。しかしまずはそれにかけてみないと!
胆管を開かせる薬です。(結果的にはバフィにはその薬が合ったようです!)
毎日朝一番で預けて夜お迎えに行くという生活を10日間続けました。入院はバフィの事を考えると可哀そうだと先生の計らいです。
私もその方が良かったのです。そして10日間びっしり通い続けて点滴と注射の生活です。注射を何本の毎日するのでお尻の所が堅くなって腫溜のようになってしまいました。それほど毎日注射を何本も打たれて点滴に繋がれての10日間だったのです。

それでも毎日血液検査の数値を聞くたびに少しずつではあるけれど改善してきます。
最後の10日目には夫も私もホッと胸をなでおろすほどになりました。それでも通常の数値からすればまだまだ高いのです。
しかし、バフィとの別れの覚悟は消えていました。大丈夫!まだ一緒にいられる!!そう思うようになっていました。
10日間の点滴と注射は終わりましたが、それからがまだまだ戦いの日々。1週間に一度が2週間に一度になり今は4週間に一度の検査になりました。点滴が終わった後の検査の数値も未だに安定していません。あがったり下がったりです。今だって完全に私の不安がとれたわけではありません。毎日バフィの顔いろ伺いながらの生活です。しかし、人間だってず~っと死ぬまで服薬しながらの生活がありですから、犬だってありです。だったら上手に病気と向き合っていけて少しでも平均寿命に近づけるように暮らしていけたら良いのかな~とやっと最近思えるようになりました。
今日であの日から1年、不安材料が沢山あるけれど元気に尻尾を振りながらワンワン言ってるバフィちゃんを見ていられるだけ幸せです。
明日から2年めスタートですが、もう少し肝酵素の数値がお落ち着いてほしいな~と願いと祈りを込めながら今年もバフィと楽しく生活していけたらな~と思います。






スポンサーサイト

6 Comments

アンジェリーナ。  

naoさん☆
何よりcocoroちゃん良かったですね~!!!!!!
取りあえずは一安心なのかな?!
我が家はほんと大変でした。だれも情報なんて無いし、一人で毎日バフィが病院へ行ってる間は検索。今も確固たるものはないですが色々調べては実行に移すと言ったスタイルでやっています。
mimiちゃんももう9歳なのね。ワンコの犬生って早いよね~
検査して元気モリモリで少しでも長生きしてほしいわよね!

2012/03/20 (Tue) 22:22 | EDIT | REPLY |   

nao  

こんばんは。
先日は色々と情報下さりありがとうございました。
cocoroは本日の検査でALP値は正常値になりました。

『大変』の一言で片付けてはいけませんが、
本当に大変で壮絶な闘いでしたね。
私が泣いても仕方ないのに涙が止まりません。

私も全く動かないcocoroとあの驚異的な数値を見た時、
もしかしたら、お別れもあるのかな・・・と思いましたから。

バフィたん、点滴頑張ったね!ママさんも!!
そして1年、頑張ってる成果が出てますから。

cocoroもまだお薬生活は続きます。。。
アドバイス頂いたサプリや鱈、ウコン、しじみ汁等取り入れてます。
mimiが今年で9歳なのでそちらも気になるところでして、、、
そろそろ血液検査しなくちゃです!

それにしても、バフィたん美人さんだわ~☆

2012/03/20 (Tue) 19:32 | EDIT | REPLY |   

アンジェリーナ。  

りんちゃん☆
長いと言うよりあっと言う間だったかな。
4週間ごとの検査の日があっと言う間に来てはまた過ぎて行くと言った繰り返しで1年が過ぎていった感じです。
今年もまたそんな感じなのかな~
4週間が8週間に伸びたりしないかなぁなんて淡い期待を抱いているけど、こればかりはね!
酷いでしょう紫斑。こんな風になるんだよ。びっくりだよね!
どんどん青くなって行ってどうなるんだろうって思ったわ。
注射針が刺さったまんま・・・・なんども刺す苦痛は無いけどだんだん痛くなって来るんだよね。手をつかなくなるのよ。
可哀そうな10間でした。ハリが抜けた時どんなにスッキリしただろう?!病気を受け入れて暮らすって容易そうだけどそこまで至るまで心は行ったり来たりで迷いっぱなしだったわ。今だって迷走してるわよ(>_<)でもね、私が頑張ってないとね!バフィちゃんが不安になったら可哀そうだもんね!
病気になんてなって欲しくないけど、その場その場で対処して行かなくちゃね!!頑張るべし!!!(^^)!

2012/03/19 (Mon) 13:54 | EDIT | REPLY |   

りん  

1年経ったんですね。アンジェリーナさんとバフィたんには長い1年だったかな?
点滴の針、刺しっぱなし…そんなバフィたんの写真を見るだけで、私も今また胸が痛くなりました。
ピースも『何度も刺さなくていいように』と先生から言われ最期まで刺しっぱなしで、泣きじゃくる私の顔の前でその針を抜いてもらいました。
そしてバフィたんの真っ青なお腹。写真を載せてくれて、アンジェリーナさんありがとうm(_ _)m
その真っ青って、どの位の状態なのか知らなかったので、本当に為になりました。
病気をいい意味で受け入れる事、大切ですが大変ですよね。
アンジェリーナさんの愛情てんこ盛りでバフィたんも安心して治療して良い結果になっていったと思います(^-^)
私もアンジェリーナさんのような心の器を持たなければ!(笑)

2012/03/19 (Mon) 01:50 | EDIT | REPLY |   

アンジェリーナ。  

みっち~なさん☆
何とも大変な1年でした。世の中は震災Only!ダブルで悲しみの中にいましたね。なんとか頑張ってくれました。
まだ数値的には高いですが、このまま薬飲みながらでもうまく付き合っていけたらいぃな~と思います。
本当に世の中何が起きるかわかりません。
どんな時も対処できるよう心構えは必要ですね!!
若くたって病気が無いわけじゃないしね。
多少の喧しさはどうでも良いですね!元気でそばにいてくれたら!!
るるちゃんもずっと元気で楽しく過ごそうね~♪

2012/03/18 (Sun) 23:17 | EDIT | REPLY |   

みっち~なです  

こんばんはo(^-^)o

本当にバフィたん頑張ったよね。
アンジェリーナさんも気持ちもち続けるの大変だったでしょう?
信頼できる先生とお薬に巡りあえたのも良かったのではないかな?と思います。
バフィたん本当に辛い治療頑張りました!
るるだったらわたし多分毎日泣いてたと思う。
でもでも自分がるるの為になにができるか考えたでしょうね。
若いからって病気に無縁とはいえないし、事故に遭うかもしれないし、なにがあるか解らないですよね。
考えたくないけどいろんな事覚悟しておかないと…
とにかく無事に一年過ぎて良かったです!
また今年一年元気に過ごせますように(*^_^*)
またかわゆいバフィたんの写真見せてくださいね!

2012/03/18 (Sun) 21:30 | EDIT | REPLY |   

Add your comment